BLOG & VOICE

あなたのコップの水はどのくらい?

 

今日は、私のメンターから教えて頂いた話を紹介します。
少し哲学的ですが、とても面白い話です^^

自分のエネルギーを振り分ける

 

あるセミナーで、メンターが、
2リットルの水のボトルと、4つのコップを用意しました。
そして、その内の1つに水を一杯に入れました。

参加者の一人を前に呼び、こう言いました。

「この水が入っているコップはあなたです。他の3つは、あなたの家族、友人、仕事だとしたら、今、あなたのエネルギーはこの4つのコップにどの様に振り分けられていますか?」

デモに参加した方、Aさんとしましょう、
Aさんは、少し考えて“自分”のコップの水を、“家族”、“友人”、“仕事”に
少しずつ移していきました。

物理的に会ったり話したりする時間だけではなく、
その人・事を考える時間もエネルギーに含まれるそうです。

最終的に、Aさんのコップは、最初の“自分”に入っていた水を10とすると、
“自分”“家族”“友人”“仕事”が、4:2:3:1 になりました。

 

自分のエネルギーは無限

Aさんが作業を終えた後、メンターがこう言いました。

「Aさん、自分の持っている水は、コップにある水だけだと思う?
この(2リットルの)ペットボトルの水も使えるんですよ?」

そう話すと、メンターはペットボトルの水で全てのコップを一杯にしました。

有限と思うから有限

「大切なのは、自分で自分を有限だと思わないこと。
自分はこれしかないから、一度にできるのは、この範囲だけ。

自分には全てのコップを満たすことはできない。
そう思わないこと。

自分の可能性やパワーが無限にあると思えば、その通りに発揮できますよ」

 

自分を最大限に発揮する

メンターが言いたかったのは、一度に沢山のことができるよ、ということよりも、
私たち一人一人は無限の可能性を持っていること。

その力を信じれば私たちの持っている資質や能力を最大限に発揮できる
ということだと思います。

今まで、心理学やコーチングのセミナーでも同じ様な話を聞いたことがありましたが、
このコップのデモを見て、すごく腑に落ちました。

 

人生でどれだけ自分のやりたいことができるか?

どれだけ自分を表現していけるか。

それは、自分をどれだけ信じて行動していくか、
ということなのかなと感じました。

あなたは自分のこと、どれだけ信じていますか?

 

関連記事一覧

最新の記事