BLOG & VOICE

3分で気分が上がる方法♪

クライアントさんや友人から即効性が高い!と評判が良いので、
姿勢から感情を変える方法についてお伝えしたいと思います^^

少し気分が憂鬱だったり、疲れていたり、落ち込んでいる時
そんな時にとても有効です!

 

姿勢と感情の関係

自然と認識されているかもしれませんが、
姿勢と感情はとても密接です。

例えば、気分が落ち込んでいる時、
どんな姿勢になりますか?

私は、会社員時代、毎日残業続きで
精神的にも肉体的にも辛い時期がありましたあせる

その時は、いつも下ばかり見て歩いていました。
不思議なくらい、数メートル先の道路をじっと見て
歩いていました。

呼吸は浅く、ため息はしょっちゅう。
口角はいつも下がって難しい顔。

会議中はいつも腕組み。
少し前かがみの姿勢が多かったです。

今振り返ってみると、外の環境から
自分を守ろうとしていた様な感じがします><

余裕がありませんでした。

では、あなたは楽しい時や嬉しい時、どんな姿勢をしますか?

上を向いて笑ったり、
手を叩いたり、
大きな声で話しませんか?

姿勢も肩を広げたり、前のめりになったり。
真っ直ぐ前を見るか、空を眺めて歩いたり。

お天気がいいな、鳥が鳴いているな、
あっまたあのワンちゃんが散歩している、
なんて色々な情報が自然に入ってきます。

そう考えてみると、
2つの状態がずいぶん違うことが明らかですよね。

それだけ、内側の感情が、外側に表れます。

自分の姿勢に気づく

先の例の様に、
これくらい感情と姿勢はリンクしていますが、
自分が今どういう姿勢をしているのか、
最近どんな姿勢が多いかは、
自分では中々気がつきにくいです。

私が会社員時代にうつむきがちで
歩いていた時も、同僚に指摘されて
始めて気づきました^^;

“あっ私こんな暗い姿勢で歩いていたんだ・・・”

そう思い、意識的に顔を上げて歩く様にしました。

すると・・・不思議なのですが、
気持ちも何だか前向きになるんですよね。

頭を上げて、久しぶりに街の景色を見た様な気がしました。

“あっスズメが鳴いている”
“ずいぶんお花が咲いてきたなぁ”

とか、気がつくことが沢山ありました。

憂鬱だったり、疲れたりしていると
自分の辛い感情に引き込まれ、
外の情報に気づかなくなります。

そしてどんどんと、辛い感情の中へ
ぐるぐると引き込まれていきます><

 

姿勢から感情を変える

そこで、この感情が姿勢に影響することを
逆に利用して、姿勢から感情を変えることを試してみましょう。

もし気分が落ちていたら、以下のことをしてみてください^^

・顔を上げる(歩くときも)
・前かがみにならず、胸を張る
・背筋を正す
・口角を上げる
・深呼吸を3分してみる

どれも効果がありますし、
どれも試して頂きたいですが、
個人的には深呼吸がおススメです。

深呼吸をするには、自然に胸が開いて
姿勢が広がりますよね。

深く呼吸することで、副交感神経が活発になりリラックスできます。
酸素不足の状態が解消され、イライラや疲れも軽減されます。

良いことづくめです。

3分で効果でますので、是非試してみてください^^

関連記事一覧

最新の記事