BLOG & VOICE

スランプのとき

上手くいかないとき

先日のクライアントさんとのセッションでの話。

Iさんとしましょう。
Iさんはカウンセラーを目指しており、
昨年から少しずつ練習も兼ねて
実践を重ねられています^^

現在もスクールに通われていますが、
最近新しい手法を習ったら、
その後、カウンセリングがうまく
出来なくなってしまったそう><

お客様からも、
「いつもと少し違った。正直物足りなかった」
という率直なフィードバックをもらい、
益々落ち込んでしまったそう。

もう自分はカウンセラーには
向いていないんじゃないか。。。
そう感じてしまったそうですあせる

 

上手くできないと思ったとき、どんな風に感じたのか?
お客様と接している時、Iさんはどんな意識でいたのか。

カウンセリング時に感じたことを再度思い出してもらい、
深堀していきました。

すると・・・・・

“あれ、相手から反応がない、何とかしなきゃ“

とか、

(お客様の発言に対して)
“なんて言えばいいのか分からない。どうしよう!“

こんな風に思ってしまったそうです。

 

目線の先には誰がいる?

このセッションで、Iさんが気づいたことは、
今までに学んだカウンセリング方法に慣れていたので、
新しいやり方が自然にできなかった。

上手くできないと、何とかしなきゃとどんどん焦ってくる。
焦ると、目の前のクライアントさんが益々見えなくなってくる。

どうしよう、どうしようと焦りながら
どんどん自分の中に閉じこもってしまったあせる
ということでした。

カウンセリングでは、クライアントさんを常に見ている筈なのに、
焦ってしまい、ずっと自分に目線がいってしまっていたんですね。

上手くいかない時、こんな状態になりませんか?

 

目的を見失わない

自分に目線が向くと、独りで悶々と考えだします。

どうして上手くいかないんだろう?
新しいこと学んだからかしら?
やっぱり私は才能がないのかな?

カウンセリングはお客様とのコミュニケーションがあってこそ。
目の前のクライアントさんを置き去りにしてしまったら、
上手くいくものもいきませんよねあせる

仕事も同じですよね。
上手くいっていない時は、自分に目線がいき、
周りを見られなくなっている場合が多いです。

どうして上手くいかないんだろう?
なんでかな??

グルグルと自分の中で思考してしまいます。

そういう時は、目的を思い出してください^^

何のためにこの仕事をしているのか?
どんな風になったら良いのか。
どんな風に周りと連携したらもっと良くなるだろう。

目線を、自分の目指す方向に向け直すと、
自然と行動がスムーズにできる様になりますよ^^

 

関連記事一覧

最新の記事