BLOG & VOICE

私がお酒をやめた理由

人に合わせる

突然ですが、、
今、「無理をしていること」はありますか?

過去の私は沢山ありましたあせる

一つが“お酒”です。
私はお酒がとても弱いです。
味は好きなのですが・・・。

ロシアにもいたし、見た目は強く見える様で、
いつも、周囲の期待を見事に裏切ってきました(笑)

母は注射のアルコール消毒もダメなくらいで、
私も飲んだら眠くなるか、気持ち悪くなるかのどちらかですあせる

それでも、、
お酒が飲まない人がいると場がシラケるだろうな、と思い、
20代の頃はかなり無理して飲んでいました。

特に私のいた業界は、お酒が飲めた方が良い、
という雰囲気があったので、
何とか馴染もうと、輪の中に溶け込もうと
お酒を一生懸命飲んでいました。

 

心のサインに気づく

それでも、、無理して飲むと
全然楽しくありませんでした。

そんなある日、
久しぶりに会った先輩が、
最近1年お酒を飲んでいない
という話をしました。

大酒のみだったのでビックリ。
聞けば、飲むのを止めたら体調が良くなったので、
そのまま止めたとのこと。

私が、飲まないと居心地悪くないですかと聞くと、

「自分の人生でしょ?どうして自分がやりたくないこと、わざわざするの?」

そう言いました。

その時、、私は・・・
どんなに自分がお酒を無理に飲みたくないと思っていたか、、
その気持ちを無視して人に合わせることに全力で生きていたか
に、気が付きました。

その日以来、私はお酒を飲みたくない日は断ることにしました。

 

人と「違う」ことを恐れない

最初の3回くらいは
「私お酒飲めないので」と言うのに勇気がいりましたあせる

「えーちょっとくらい飲んだら楽しいよ~」
なんて誘ってくれる同僚もいました^^

不思議ですね。

段々と、強制する人はいなくなり、今度は
「お酒飲まないよね。ウーロン茶にする?ジュース?」
と、最初から聞いてくれる様になりました。

そして、、これはオマケな現象ですが、
私の周りのお酒に弱い人達も無理に飲まなくなりました(笑)

場がシラケることもなく、今まで通り楽しい飲み会です^^
何より、私自身がとても楽しめる様になりました。

「お酒を飲まなかったら、場がシラケる」
「お酒を飲まないと、空気を読んでいないと思われてしまうんじゃないか」

そう、「私」が思い込んでいました。

このお酒の事をきっかけに、仕事や生活においても、

「無理をせずに断る」
「自分の意見を言う」

こういう事ができる様になっていきました。

行動の軸が、「他人」から「自分」に変わっていきました。

 

自分に正直に生きているか

あなたも、自分に無理をして他人に合わせていること、ありませんか?

気が重く、本当はやりたくないのに、
「やらないといけない」とあなたが思って、
やっていること、ありませんか?

行動の基準が「自分」ではなく「他人」だと、
だんだんと自分が辛くなっていきますあせる

一番大事にしなければいけない「自分」が
なおざりにされているからです。

些細なことと思えても、自分をなおざり状態にし続けると、
身体や心が病気になったりします。

無理をしないことは、あなたが思っている程、大変なことではないかも。
そして、あなたが思っている程、他の人にとって重大でないかもしれませんクローバー

無理しない自分で生きてみましょう^^
とっても楽ですよ♪

 

関連記事一覧

最新の記事