BLOG & VOICE

未知の自分と既知の自分を両方写真に撮ってもらいました。

依頼したものの、とにかく写真を撮られるのが苦手で、
自分の中で理想と現実のギャップをどう埋めるかばかりに気を取られていました。

でも真理子さんからの質問でイメージを言語化したこと、
何度かやり取りをする中での真理子さんの佇まいがすごく助けと励みになって、
当日の朝には「何が写ってもOK、ただお互いが気持ちよくダンスすること」だけ持っていこうと、
さっぱりした気持ちで臨むことができました。

「私ってこういう側面もあるんだ」と「こういうところあるよね」
っていう未知と既知の両方を、真理子さんの目線で写真にしてもらった感覚です。

風などの動きがある写真が非常に気に入ってます!
その場の空気感ごと写し取ってくれているのも素敵だし、
それはたぶん、真理子さんも、何が写ってもOKと思ってくれてたからできた場なんじゃないかな、
と勝手に思っています。

おかげさまで周囲の評価も上々です。
このタイミングで撮ってもらってほんとによかったです。
ありがとうございました!

関連記事一覧

最新の記事